know-how

美容室独立ノウハウ

美容室工事のトラブルを予防!物件ごとに確認したいポイントを徹底解説

開業しようと決めたものの、どんな物件が良いかわからない・・・そのような方がほとんどです。どうぞご安心くださいませ。

一番理想的な物件は、もともと店舗用向けに作られたテナント物件です。専門的な工事も行いやすく、管理者との交渉事もスムーズです。

しかし、居住用などの一般的な物件でもヘアサロン経営が可能なケースも沢山あります。マンションやご自宅で経営されている美容室オーナー様は多くいらっしゃり、それぞれ「自分のお城」を楽しんでいらっしゃいます。

そのため、物件種別については選定基準は特にございません。美容室に必要な設備スペックさえあれば、たとえ事務所用の物件でも利用は可能です。

ここでは、種別ごとに解説していきます。

ヘアサロンの内装工事が可能な物件の一部をご紹介します

路面店テナントの確認ポイント

路面店テナントとは、貸店舗として流通している物件のことを言います。路面店テナントの立地はさまざまで、大通り沿い・商店街・住宅地などが挙げられます。

また、物件自体も多岐にわたり、テナント用物件として建てられたビルの一階部分はもちろん、居住用マンションの一階部分のみをテナントとして活用している物件、元々は居住用だった古い一軒家を貸店舗として貸し出していることもあります。

美容室経営の要は集客ですが、もしも住宅地の入り組んだ場所の路面店を選んだとしても集客が難しいとは限りません。最近はWeb集客やクーポンサイトの活用で人気を集めることは可能です。実際、静かな雰囲気を好まれるお客様はこのような「隠れ家」的なヘアサロンを好む傾向がありますので、人通りが少ないことがお店のブランディングに役立つ場合もあります。

また、路面店の場合は店頭に駐車や駐輪スペースがある物件もありますので、車の利用が盛んな地域への出店やお子様連れのご来店をアピールしたいヘアサロンにとってはアピールポイントとなるでしょう。

このような路面店テナントはインテリア自体は比較的自由に工事ができますが、電気・ガス・水道工事の実施については物件次第ですので、確認が必要です。場合によっては大掛かりな工事が必要になり、その分のコストが必要になる可能性も。そのため、物件の契約を結ぶ前にきちんとクリアにしておくことをおすすめします。

路面店のコストについて

また、家賃についても2階建て以上の物件があるため、契約する階によって当然家賃も異なります。同じ立地でも、フロア次第で集客力が変わるケースもありますのでプロのアドバイスを仰ぎながら、ご検討いただくことをおすすめいたします。

なお、コストに関してはテナント物件よりも外観工事費用が多く発生するケースが多いことも抑えておきましょう。路面店テナントは他のテナント物件に比べ、外壁工事・ドア・窓・看板などの範囲が広いです。当然、その分の工事費用もアップしますので無理のない工事プランを検討することが重要です。

周辺環境や規則を確認しましょう

路面店テナントへ出店を検討している場合は、事前に周辺環境についてもリサーチしておきましょう。たとえば、商店街に出店するなら自治会規約なども目を通しておき、トラブルを招かないよう注意が必要です。夜間営業について好ましく思わない自治会もありますので、あなたの意向と地域の理念が一致するか確認することをおすすめします。

また、居住用スペースのある建物に出店する場合は、住民のみなさまのご迷惑にならない振る舞いをすることが大切です。大声や店内BGMにも注意をはらい、夜間の営業は節度を持って行動するよう心がけましょう。

商業ビル内のテナント物件

商業ビル内に所在するテナント物件です。築年数が古いビルから新規オープンの建物まで様々あります。

過去に美容室用に使われていなかった物件でも使用可能なケースも多数ありますので、その点は気にしていただく必要はございません。

ただし、テナント物件は美容室経営に必要な工事が不可能なケースがあり、その場で確認する必要があります。当社では内覧の際に工事担当者が現地同行して実際に目で見て確認を取ります。

居住用マンション

居住用マンションも美容室経営は可能です。ただし、マンションには規約があり、管理組合の承認や経営条件が設けられていますので、事前に確認を取る必要があります。

当社では内覧に進む前に、ご興味を持っていただいた居住用マンションで美容室経営が可能なのか確認を取りますので、無駄な時間が発生いたしません。

家屋

戸建物件を改築してヘアサロン経営されているケースも多数ございます。

たとえば、古民家を改装して古さをおしゃれなインテリアとして有効活用したり、大胆なリノベーションを実施して新築同様の店舗に変えるケースもあります。

どんなに古くても独自の付加価値として提供できますので、ご心配は不要です。

新規に開業されるオーナー様のご希望に対して、どのような物件が適正なのかは是非専門家の私たちへご相談ください。路面店には路面店の、テナントビルにはテナントビルの個性があり、デメリットだと思っていた面がオーナー様にとってはメリットに変わるケースもたくさんございます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。美容室専門のスタッフがお話を伺います。