know-how

美容室独立ノウハウ

低予算でヘアサロンを作りたい

「独立したいんだけど、予算が少なくて・・・」

このような相談を受けることがございます。私たちはヘアサロン用店舗の仲介や内装デザインを行うのは当然ですが、オーナー様の夢を叶えることが仕事です。

無理のないご予算の中で最大限のパフォーマンスを発揮できるよう、ご協力いたします。

ご安心ください。「少ない予算でも夢を叶える」方法はあります。これまで多くの実績を重ねてきた私たちだからこそ、アイディアのストックがございます。

ここでは、代表的なコスト削減方法をご紹介します。もちろん、他にも多くの解決方法がありますので、いつでもご相談くださいませ。

立地選びの観点を変えてみる

ヘアサロンは物件を契約するだけでも不動産手数料・保証金・前家賃などが必要です。そのため初期費用が大きく、予算が少ないオーナー様にとっては悩みの種と言えるでしょう。

しかし、これらの費用は家賃に準じて算出されるものです。
つまり、家賃を抑えれば、初期費用を大幅に圧縮できる可能性があります。

家賃を抑えたいなら、エリア選びをあらゆる観点から考察すること。これが大切です。

たとえば、人通りの少ない場所でも住宅街での開業すれば、人気エリアと比べて家賃が安いことから、不動産の初期費用を抑えることができるでしょう。

それに、ライバル店舗も少ないので、オンリーワンの存在になれる可能性があります。

車が停めやすい閑静な住宅街に出店すれば、高単価のお客様が多い可能性もあり、売上と安定経営を両立させられるかもしれません。

以前は人通りの多い場所や人気のエリアに出店することがヘアサロン経営成功の秘訣と言われていた時代がありましたが、今は違います。

Web広告やSNS、クーポンサイトの活用次第で立地の悪さはいくらでもカバーできますので、立地選びを工夫するもオススメです。

居抜き物件で開業する

居抜き物件は、以前同じ場所で経営していた店舗を設備ごと引き継げるテナントのことを言います。

内装費はもちろん、高額になりがちな電気・ガス・水道工事を行わずとも営業を開始できるので、予算が少ない美容室オーナー様にはオススメです。

ただし、内装デザインや設備面での自由度が低くなるため、こだわりを反映しづらいデメリットがあります。

この点においては、デザイナーの腕の見せ所ですので、ぜひ一度ご相談くださいませ。

旧テナントの面影をなくし、新店舗としての存在感をアピールできるよう、ご提案いたします。

中古美容機器を活用する

中古の美容機器も状態が良いものが多いので、ぜひ検討していただきたいポイントです。

美容機器は中古市場で流通量が多く、リサイクル品を買いやすい状況にあります。

当社でも専門の業者をご紹介可能ですので、ぜひご相談くださいませ。

中古市場で購入できる美容機器の一部

    • セット椅子
    • シャンプー椅子
    • シャンプーボウル
    • ワゴン
    • スチーマー

什器を市販の家具や雑貨で代用する

レジカウンターなど、一部什器を市販のインテリア家具で代用するのもオススメです。

最近は安いのにおしゃれな家具が簡単に手に入りますので、これを使わない手はありません。

当社のデザイナーは市販の家具と組み合わせた内装のご提案も可能ですので、どうぞご遠慮無くお申し付けくださいませ。