know-how

美容室独立ノウハウ

美容室に適したレイアウトとは?開業時に抑えておきたい重要ポイント

レイアウトとデザイン、どちらが重要ですか?

美容室の開業を決めたなら、早く内装デザインを考えたいですよね。どんなテイストにするかを考え、自分だけのお城を築く・・・一番楽しい時期になります。

けれども、実はデザインよりも重要なこと。それが「レイアウト」なんです。

もちろん、デザインのイメージを先にお伝えいただいても結構ですが、それを実現できるか否かはレイアウト次第。私たちプロが考える一番重要なポイントは何よりもレイアウトだと断言できます。

どうしてレイアウトが重要なのですか?

レイアウトが決まらないとお客様(オーナー)が希望するセット面とシャンプー台の数が実際に取れるかなど、デザイン以前の問題が解決するかを明確にする必要があるからです。

また、美容室は電気や水道設備が必須ですが、室内のどこにでも工事が可能というわけではありませ。建物の構造上、特定の場所でしか工事ができないことがほとんどですので、工事可能な場所を明確にしてから全体のレイアウト~デザインを進める必要があります。

レイアウトに不備があった場合に起きる問題点とは?

レイアウトの不備は設備上の問題以外にも、サロンワークの面で問題が起きる可能性があります。たとえば、

  • スタッフ同士の業務連絡がしづらくなる
  • パーマやカラーリング時、アシスタントとの距離感が悪く動きづらくなる
  • 備品用ワゴンが動かしづらく、窮屈になる
  • スタッフ同士がすれ違う時にぶつかりやすくなる

などが挙げられます。

レイアウト次第でお客様がリピートしなくなる可能性も?

レイアウトはお客様にとっても重要です。美容室は髪の毛を切ることはもちろん、「リラックスしたい」「気分を変えたい」「キレイになりたい」など、気持ちの充実を求めていらっしゃる場所でもあります。

そのため、「他人の目が気になる」「ゆっくりできない」「窮屈」といった心理的に多少なりともストレスを与えてしまうと、「なんだか落ち着かない店だな・・・」という気持ちを抱かれ、別の美容室へ移ってしまう可能性があります。

また、バックヤードの配置にも気をつけないとスタッフ同士の会話がフロアに丸聞こえになる可能性も。

女性のお客様は些細なことにも敏感です。ぜひお客様の気持ちになって、レイアウトを検討してみてくださいね。

家内装デザイン前に要確認!レイアウトのチェックポイントまとめ屋

  • スタッフ同士の作業動線
  • お客様とスタッフの距離感
  • お客様がリラックスできる配置(目線への気配り)
  • シャンプー台の設置場所
  • 配線・コンセント位置の考慮
  • バックヤードの設備
  • ヘアメニュー以外の提供の有無(ネイル・マツエク・着付けなど)

まとめ

これから開業されるオーナー様にぴったりのレイアウトは、ご希望内容によって変わってまいります。どのようなメニューをご提供するか、スタッフは何人なのか・・・様々な角度から検討して最良のアドバイスを差し上げます。

お困りの際はぜひ当社までご相談くださいませ。美容室経営歴のある担当者がお話を伺いますので、より現場のニーズに応えることができます。ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。