know-how

美容室独立ノウハウ

居住用マンションで美容室は開業できる?

当社にご相談いただくお客様の中には、居住用マンションでの美容室経営をご希望される方もいらっしゃいます。

すべての居住用マンションがOKとは限らず、事前に調査が必要です。

たとえば、管理組合の承認を得る必要があったり、審査にあたって様々な条件を設定されているケースもあります。

ただし、これらをクリアすれば美容室経営は問題ありませんので、おすすめしたい物件のひとつです。

ここでは、居住用マンションでの美容室経営についてご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

マンション内の店舗はどんな美容室に向いている?

  • シャンプーからカットまでひとりで担当する個人サロン
  • お子さんOK。他のお客様を気にせず、親子での来店を促したいアットホームなヘアサロン
  • 育児中で勤務時間に柔軟さをもたせたい女性ヘアオーナー様のお店
  • 居住用兼店舗を探されているケース

居住用マンションで開業する際の注意点

居住用マンションでの美容室経営は物件によって可能or不可能が分かれます。積極的に受け入れてくれる大家さんもいれば、絶対にNGというケースもあり、さまざまです。

そのため、事前に管理会社に確認を取る必要があります。

管理会社への確認は不動産業者ならいつでも簡単に行えますので、ぜひプロに相談してみることをおすすめします。

当社では内覧前に専門のスタッフが管理会社に直接連絡を行い、条件等の確認をとりますので、どうぞご安心くださいませ。

居住用マンションで美容室を経営するメリット

資金面で無理がないので安心

はじめての美容室経営。まずは小さな規模で始めれば、当然初期費用も抑えられ安心です。

たとえば、ひとりで始められる場合はセット面2台・シャンプー台とバックヤードがあれば、最小限のスペースで始められます。

開業してしばらくはどれくらいの売上が見込めるか予測がしづらい面もあり、不安がつきまといますが、テナント物件に比べて家賃も低く、ランニングコストが少ないので経営面でも安心です。

マンション住民からの集客も期待できます

居住用マンションでの開業は必然的に居住者が近くにいるため、集客にも期待できます。

管理会社に許可を取った上で、ポスティングを行えば認知度向上へ繋がりますので、積極的に行なっていきたい施策のひとつです。

また、住民からの近隣のお知り合いへの口コミも期待できると言えるでしょう。

居住用マンションで開業するデメリット

工事が思い通りにできない可能性がある

美容室向けの工事は電気・水道・ガスなど大掛かりな施工が必要です。しかし、これらの工事が住宅用物件では出来ない場合がありますので、事前に調査が必要です。

当社では資料上で確認することはもちろん、現地でも工事担当者が細かく調査を行うので、契約後にトラブルを招く心配はありません。

看板が出せないなど、外観に制限をかけられる可能性がある

居住用マンションでの経営の場合、マンションの規則にしたがって運営する必要があります。そのため、外へ大きな看板を出す・夜間に照明を照らすなど、外観に対して制限をかけられる可能性があります。

看板設置が不可能な場合は、たまたま通りかかった人にお店を知ってもらえる可能性が下がりますので注意が必要です。

その場合は、SNSを積極的に使うなど別の方法でカバーするよう心がけることが大切です。

なお、クーポンサイトの活用は、サービスによっては居住用マンションでの掲載はNGという規定がある場合もありますので、事前に確認しておくようにしましょう。

RECENT POSTS

MORE VIEW